1. 話を読む
  2. ゲッサン
  3. アサギロ~浅葱狼~(話)
  4. 8巻 第53話 「烏合の衆」 コメント

0/ 250

No.9 2017/10/20 06:51

また、土方さんが近藤さんを諌めたり、説得したりする作品には出会った事がありましたが、土方さんが面と向かって近藤さんを貶したり馬鹿にしたりする作品には初めて出会ったのでとても新鮮です笑

No.8 2017/10/20 06:46

色々な新撰組を題材とした作品がある中で、ミノル先生の描く新撰組はより人間臭く、武骨な印象を受けました。時代を短く鮮烈に駆け抜けた、という新撰組の一面を強調する作品が多い中、先生の新撰組は悩み、そして乗り越え克服していくというその人間臭さに思わず引き込まれてしまいます。また、新撰組のトップ3だけでなく隊長格の人物にも焦点を当て描いている事で様々な人の葛藤や感情に共感でき、話が鮮やかに生き生きと伝わり、次の話を読むのが待ち遠しくてなりません!

No.7 2017/10/19 03:51

絵もストーリーもとても好きです、アニメ化して欲しい。

No.6 2017/10/19 01:22

ついに京へ!先を知ってるのに、何度読み返しても面白い!

No.5 2017/10/18 23:18

鴨が(浅)葱しょって来たのか!

No.4 2017/10/18 23:15

烏合の衆、うるさくて統制がとれない役立たずのカラス達がいつしか時代を変える。
黒い烏が浅葱色のカワセミになるのかな。
(浅葱色って江戸時代じゃ田舎者の色だけど。。実際には浅葱色の隊服ってあまり着ていなかったらしい。)

No.3 2017/10/18 22:46

芹沢先生!

No.2 2017/10/18 21:16

ついにみんな集まってきたな…

No.1 2017/10/18 21:06

おもしろい!!!