1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. からくりサーカス(話)
  4. 3巻 勝 第26幕 一時閉幕 コメント

0/ 250

No.45 2019/04/30 09:48

二周目で冷静に見れるからこそ思うけど
善治おじさんのところだけ岩が落ちなくて鳴海が集中砲火受けてるのなんでなのか
20pでおじさんの霊圧が消えかけてるのも気になる

No.44 2019/04/19 14:28

扉絵の3人が家族連れ写真みたいでいいな、って思った。ずっとこのまま一緒に暮らすのかな、そうだったらいいな、と思った矢先に…。

No.43 2019/04/15 14:19

ずっと忘れない、忘れられないシーン

No.42 2019/04/14 19:47

初めて読んでから20年間1回も忘れたことのないシーンです。この時、入院してて、「ワンピース」と「からくりサーカス」を同時に読んでたのですが、どちらも「腕と引き換えに命を助けられた子どもの話」だったのが、偶然に思えない気がしました。そしてこんな風に命を助けられた子どもは、必ず他の誰かを助けるために笑って自分を犠牲にできる大人になるに違いないと思いました。その時、自分の人生が決まったんだと今では思っています。

No.41 2019/04/08 01:36

鳥肌が止まらない…

No.40 2019/04/01 17:43

急に死亡フラグ乱立しだしたと思ったらほんとに死んじゃったよ…嘘だろ…

No.39 2019/03/21 13:35

びびった

No.38 2019/03/15 14:54

笑顔の三人の扉絵が泣ける…

No.37 2019/03/09 14:16

ふぁ??うえーー((((;゜Д゜)))

No.36 2019/03/06 13:14

うそだろ

No.35 2019/02/28 20:58

ちょっと待って、衝撃で受け止めきれないんだが。え、加藤…?え?

No.34 2019/02/22 22:18

人生で一番衝撃的だったマンガの、一番衝撃的だった回でした。

No.33 2019/02/19 15:13

こんな衝撃を与える漫画があるとは思わなかった

No.32 2019/02/14 08:08

隣にいたおじさんはどうなったの?

No.31 2019/02/13 01:55

えっ?主人公が死んだ?

No.30 2019/02/08 16:51

連載当時、勝と同い年くらいだったからこの回はホントに寂しい気持ちだったのをよく覚えてる。

No.29 2019/02/07 23:45

やさしい腕。忘れられるもんじゃない。

No.28 2019/02/05 14:49

会って数日どころか2日くらいの3人なのに、数年来の知り合いみたいだよね

No.27 2019/01/24 16:22

俺も昔、漫画家になりたいと思ってて、主人公死んだのに話が続いてそれでも存在感あるような話描けないかな、なんて思ってた。これ見てやられた!って思ったよ。こういうの描きたかったんだよ!って。

No.26 2019/01/09 16:44

この画がいつの間にか好きになってる自分がいた