1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 14巻 第1話 かぜか? コメント

0/ 250

No.87 2019/04/02 21:04

野田の心労は計り知れない

No.86 2019/02/18 11:19

木根頑張ってえええ
代わりたいから点取らせるなんて男じゃないもんね反射でピッチャー返し?取っちゃうのかっこいい

No.85 2019/02/07 23:56

木根の性格これひろパパからの遺伝やろ

No.84 2019/01/26 15:10

この辺りから野田くんが自分の限界を知り始めたんだろなぁ
スタープレイヤーの近くにいる人達も大変よな

No.83 2019/01/20 00:42

95年ってポケベル全盛期だぞ。その後、ピッチ。ケータイはさらにその後だよ。タイムリーで、中高大だったおっさんより。

No.82 2019/01/18 13:52

木根のかっこよさ爆発。
言い訳してない。現状報告。

No.81 2018/12/15 14:56

どーでもいい討論会2

No.80 2018/12/15 09:25

東京と他地方の感覚的地域差って今でもいろいろあるのかもな…
東京出身者はどこの区域生まれ育ちでも地元を都会だと思ってないところがある
他人がどこの地方出身でも全く気にしないし、むしろ地方に憧れとかあるんだけど
ちょっとした会話で地方出身者かどうかはすぐ見分けつくよ

No.79 2018/12/13 15:47

78です。
比呂の父「それに遠いっスよ、公衆電話のあるとこ…」 古賀の父「ピ ポ パ ポ」
外から電話=公衆電話 という感覚は当時まだあったんでしょうね。都内成人に限れば普及率はそれなりに高かったにせよ。

No.78 2018/12/13 12:13

ススんでる会社に勤めてた人はプライベートで携帯持つのも早かったってとこかなー。だとしたら「俺の周りは殆ど持ってた」もあり得る。
90年代後半に一気に普及率上がったからばらつき大きいかも。

No.77 2018/12/13 07:56

95年当時、都内勤務だったが、10人程度で飲み会すると、一人は携帯電話持っていて、連絡係になっていた。
「社会実情データ図録」というサイトによると95年の携帯電話・PHSの普及率は10.6%で、私の実感と合う。

No.76 2018/12/13 06:16

75お疲れさんw

No.75 2018/12/13 04:00

同じ頃の時期に出た「だよね」って歌の歌詞に「携帯持ってすかしてんじゃねーよ でも本当はすっごいほしいんでしょ」みたいな歌詞があった。まだ世間的には持ってる人の方が少なかったからこういう歌詞になったと思うんだが‥。仮に都内だけ普及率が高かったとしても世の中全体では持ってる人は少なかったはず。違うと言うならググって出てくるデータが間違ってる事を証明してくれ。

No.74 2018/12/13 00:54

連載当時の頃はプライベートは携帯、勤め先から支給はPHSだった人が多かったです

No.73 2018/12/12 23:57

69どうして都内に住んでも勤めてもいないぽい人が書き間違えた?とか絶対にない、とかいってるのか意味不明…

No.72 2018/12/12 22:06

木根くんがんばれ

No.71 2018/12/12 21:45

95年ですか。私の勤め先(都内)では、営業部に共用の携帯電話が数台あって外出時に「何番携帯持って行きま~す」とかやってました。中小企業だから遅れてたとは思う。
個人ではどれくらいの割合で持ってたか思い出せないですね。

No.70 2018/12/12 19:28

69
地域格差?は知らんけど、自分の生活圏ではフツーだったよ
こんなこと嘘ついてどうする、ただの事実だ。
今みたく子供が持ってるとかはあんまりなかったけど

No.69 2018/12/12 19:14

いやいやちょっと待て、これ連載時95年ぐらいだろ?当時携帯を「持ってない人の方が珍しかった」は絶対にないわ。書き間違えたのか?普及率の数字があてにならないってのも意味分からん。データなんだからあてになるやろ。都内の事は知らんけど、都内だけ普及率高かったのか?正直それもちょっと嘘くさい

No.68 2018/12/12 17:30

65
携帯メーカーによっては県丸ごと完全圏外とかあったりした時代
少なくとも都内では普通に持ってる人の方が多かったです