1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 21巻 第8話 ツイてなかった? コメント

0/ 250

No.62 2019/05/02 11:26

野球要素どこ??

No.61 2019/03/15 07:01

こういうエピソードあっての、あだち充でしょ(・∀・)ええやないですか、試合の描写がなくたって。

No.60 2019/03/03 19:34

152ページ大人帝国思い出した

No.59 2019/03/03 11:58

月形の親父と祖父の話は正直好きになれない。

No.58 2019/02/28 18:03

コメント封鎖して〜

No.57 2019/02/28 00:45

回想シーンが良かった。主要キャラの幼少期エピソードも良さしかないし、幼少時代の回想を描く天才

No.56 2019/02/27 17:41

めんどくせーな
普通にマンガの1エピとしておとなしく読みながせよ…

No.55 2019/02/27 01:08

じいさんを許すとかそういう話でもない。暴力は暴力。許して良い訳がない
しかし、世の中には分かりやすい暴力ではなく、陰湿ないじめを行う人間がいて、じいさんみたいに単純な人間は簡単に引っ掛かってしまう
そして、事が起きれば「じいさん=加害者=悪人」「監督=被害者=善人」という構図が出来上がる
悪意を持って罪なき子供に満足な練習もさせず、周囲から孤立させた行為は表に出ないままね
月形の親父は、暴力を容認してるのではなく、今までその背景を黙ってたことへの感謝ですよ
言えば惨めな思いをするだけだから

No.54 2019/02/27 00:50

48
それもあるし、じいさんを許せる=野球も許せるとなるから、いま一生懸命に戦っている息子を応援する気持ちにもなれるんだと思う。回りくどいけど、これはいまマウンドに立つ月形にも関係するエピソードなんだと解釈してる

No.53 2019/02/26 20:18

地方で代々名士っていうと、多分東京とかでは考えられないくらいの高い地位ってか名誉職なのかな?
…よくわからん

No.52 2019/02/26 18:03

月形親子の話はいい話だと思う、
ただ見たいのはその話じゃないんだ…

No.51 2019/02/26 17:02

いいね、ぐっとくる話だった

No.50 2019/02/26 15:53

相変わらずのコメント欄

No.49 2019/02/26 15:29

文才が…ね…

No.48 2019/02/26 14:32

29
「実はいい人でした」と読者に弁明しているのではなく「息子の父親への誤解が解けた」ところがポイントだと思う。
暴力を振るうどうしようもない人間だけど、息子を思う気持ちはちゃんとあって今それが息子に伝わった。言われなきゃわからんこともあるよね、ってだけの話かと

No.47 2019/02/26 14:00

ぐっときた

No.46 2019/02/26 13:02

監督殴った過去を許した一方で、爺さんついさっき医者の頭殴って怪我させて拘束されてるよ勝ちゃん!目を覚ますんだ勝ちゃん!

No.45 2019/02/26 12:25

すれ違ってもいい親子

No.44 2019/02/26 11:18

暴力という犯罪を希釈する描写がおかしいって批判ならわからんでもないけどさ。それを爺さん自身への怒りや憎悪を撒き散らすみたいにコメントするのは、恒例の春華叩きに近いものを感じて、ちょっと落ち着けよと思っちゃう。
個人的には「タッチ」で原田正平が球場で他人を脅して席を奪うところはギャグとわかっていても笑えない。そういう違和感自体はわかるよ。

No.43 2019/02/26 11:12

皆さんの指摘通り、うまい手法ですね。
長い昔話とともに試合も0行進で進んで、延長へ…!
本当に見くびってたわ、あだち充。