1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 22巻 第7話 悪かったな、ドジで―― コメント

0/ 250

No.74 2019/06/17 13:20

踏みつけてでも進むんだ! 野田くん、大好き❤ ひかりのことも含みつつ、比呂の分のご飯食べちゃう

No.73 2019/03/08 00:45

えー当時の練馬とはいえそんな感覚あるか?
一応平成だよ?

No.72 2019/03/07 23:57

この時代は玄関に鍵をかける習慣があんまりなかったんだよ

No.71 2019/03/07 17:31

ふと疑問
野田は家族がもう出掛けてたのにどうやって国見家に入ったんだ?庭でも開けっぱなしだったんだろうか…?
このパンチは番犬としてあんまりできなさそうだが

No.70 2019/03/07 11:56

「自分と違う考えの奴が許せなくて攻撃せずにはいられない」って自分のことじゃねーの

No.69 2019/03/07 07:58

はるか切ない、、 ひかり派だけど

No.68 2019/03/07 05:59

こういう試合の書き方出来るのがあだち充だよな
他の作者だとどうでも良い試合を何話も使って書くもんな

No.67 2019/03/07 01:11

ヒデちゃんは比呂にとってはライバルでもあって親友でもあるんだろうけど
「親友」だから、って自分に言い聞かせてる面はあるんだろうな…

No.66 2019/03/06 22:26

野田くんと比呂の関係いいなあ。ずっと変わらずにいてほしい。
以前誰かが言ってたけど、ヒデちゃんは「ライバル」で
野田くんの方が「 親友 」のイメージなんだよなあ。

No.65 2019/03/06 22:17

やっと1年分の思い出か----は切ないな。

No.64 2019/03/06 21:27

野田の言う通り。でもひろってプロ目指してるんだっけ?

No.63 2019/03/06 17:48

49
そーゆーこと書きこむと、またストーリーにあんまり絡まないおっさんの顔アップとか、風景だけとかパンチの耳アップとか謎サムネ逆襲されるでw

No.62 2019/03/06 16:52

野田が気づいてた?気づいてない?は、
あだち先生お得意の「読んだ人がすきに想像してくれればいいです」「言わないでも伝わると思った」ってやつではないかな

No.61 2019/03/06 15:20

えー野田気づいてなかったのか
んじゃあの時察してたのは月形とあっちの監督だけ?比呂ひとりよがりすぎない?

No.60 2019/03/06 14:17

「心配すんな。おまえが思うほど、落ちこんじゃいないよ。」
5話の余韻が残ったまま読むと、
負けた日の翌朝ひかりが傍にいてくれたことに
少なからず癒されたから言えたんじゃないかとも思う。

No.59 2019/03/06 14:08

比呂は人(英雄ら)に遠慮して自分を傷付けてるな。
そこが魅力でもあるんだけど。

No.58 2019/03/06 12:50

やっと1年分の思い出...
これからもっと、大好きなヒロのことで辛い思いをするってことだろうな

No.57 2019/03/06 12:36

44 ひろはデブ女に興味ねえだろ

No.56 2019/03/06 12:32

あのな、野田さん腐れ縁?の親友だからって、人の家に勝手に入って勝手にごはんを食ってはあかんやろ。

No.55 2019/03/06 11:41

佐川のとこでほっこり