1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 22巻 第9話 すごいです コメント

0/ 250

No.60 2019/05/03 09:45

まあ、でも実際好きでもない人とデートするのは全然楽しくないよな

No.59 2019/03/12 04:58

はっ、まさかチクるきじゃ…

No.58 2019/03/11 13:12

木根可哀想

No.57 2019/03/08 23:54

黒木ひかりwww

No.56 2019/03/08 23:34

なんだか、春華は好きになれない。
なんでかなあ

No.55 2019/03/08 22:59

やっと一年分の思い出か…は良かったけど
今回の春華は好きになれない

No.54 2019/03/08 22:31

53
まあ比呂がダメそうだからっていうか傷心なんだろうけど、相手がよりにもよって昔はあんな酷かった春華からすると絶対無理な男、木根とデートに行くのは単にヤケクソになってるんだろう

No.53 2019/03/08 21:55

愛好会だった頃の春華に対する態度があまりにも酷かったからな木根は
読み返してくればいいよ

No.52 2019/03/08 21:27

木根くんとデート中なのに彼以外のこと考えばかり春華ちゃん(笑) ヒデちゃんとの微妙な思いでも素晴らしい

No.51 2019/03/08 21:00

そんなホームラン打ってみたいなあ

No.50 2019/03/08 20:45

・待ってる時間もデートの内でしょ
・待った?「全然」行きたいところは?「ない」
同一人物のセリフなんだよな
…兄貴のセリフといい、古賀兄妹は木根に何か恨みでもあるのか……?

No.49 2019/03/08 20:07

思い込み一直線から凹んだけど、結局最初から何も変わっていないと気づいたわけで
しかし比呂と木根への態度に違いがありすぎて、
やっぱりはるかだ…とガッカリした

No.48 2019/03/08 19:36

春華の弱い部分が見られて、一気に応援したくなったわ。押してダメなら引いてみろとはよく言ったもんで、比呂も春華が他の男とデートしてると聞いて春華を捕まえときたい気持ちになったかもしれないね。

No.47 2019/03/08 17:49

44 そこは分析するのは野暮ってものよw

No.46 2019/03/08 17:47

じんべえドラマやってたね
配役はどーなのって感じだったけど、今思えば貴重
じんべえにイメージピッタリな俳優さんは別所哲也とかかなぁ

No.45 2019/03/08 16:39

木根は落ち担当だが、実は作中で1番成長した男。

No.44 2019/03/08 15:56

あの時、ヒロとひかりは結局どういう状態だったのだろう?
ヒロが涙流したそのあと
・ひかりから抱き締めた?そしてごめんねという言葉?
・ひろとひかり、それぞれなんとなく近づいて体を預けた感じ?
キスはしてないだろうが、この話のシルエットだとしてるようにも見える
ヒロが軽くひかりに倒れかかるような形で抱き締められ、ごめんねと言われたという解釈だったがわからんくなった

No.43 2019/03/08 14:47

箱にじんべえ用って書いてあるやんw

No.42 2019/03/08 14:15

We Are NO.1かな?

No.41 2019/03/08 12:49

そういえば、長髪ストーカー女はいないね?