1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 25巻 第2話 納得いかねえな コメント

0/ 250

No.46 2019/03/31 10:06

広田最後の送球か…

No.45 2019/03/31 09:28

33
当時だって辞書ってもんがあっただろ
日本語も読めんのかーい

No.44 2019/03/31 08:52

野球に集中した広田は、まじでかっこいいし頼りになる。もっと早く気づいていればね、、、

No.43 2019/03/31 08:52

まさかあのナイフで!恐ろしい子!

No.42 2019/03/31 08:36

今年は西日本勢たくさん残ってて嬉しい

No.41 2019/03/31 08:35

島は靴ヒモだったが今ベルト切れてタイム取ってる選手いた(笑)

No.40 2019/03/31 08:27

お!あと3分で紫紺の優勝旗かけた試合が始まるよ~!

No.39 2019/03/31 08:17

確かに選手の誰よりもガキ…木根の気持ちも考えずにどこまでもネタにしたがるアホ監督

No.38 2019/03/31 08:12

千川の監督、最低
そういえばまともな社会経験もない奴だったな

No.37 2019/03/31 08:03

前の監督だったら「ぶつけてもいいくらいの気持ちで〜」は暗にぶつけろって意味だったんだろうな

No.36 2019/03/31 07:51

33
iPhone無いと享年わからんのかーい
あんたいくつだよーい

No.35 2019/03/31 07:20

広田、殺っちまったか…!( ゚д゚)

No.34 2019/03/31 07:03

広田。。人生辛いことって重なるよなぁ。肘壊してピッチャーの夢破れるわ、親父さん亡くなるわ。。。それでも涙を見せない彼が泣くことって何なんだ?正々堂々と戦った本気の試合で負けることか?

No.33 2019/03/31 02:56

思い出した。連載当時は享年の意味が分からず、内容がよく分からなかったんだ。
勿論今は分かるよ。そう、iPhoneがあるからね!

No.32 2019/03/31 02:38

30兄貴じゃなくて弟だろ

No.31 2019/03/31 02:27

28
もともと島は右打ち。柳に足の速さを生かして左打ちをしないかと言われていた。左打ちの描写があれば、スイッチ(両打ち)の可能性あり。
相手投手は左投げなので、不利な左よりも慣れている右のほうが良い結果になると判断したかもしれません。

No.30 2019/03/31 02:25

双子の兄貴、幼なじみ、ライバルのお父さん、ヒロインのお母さん、ヒールの親父

No.29 2019/03/31 02:16

泣くかもしれないこと、
どんなクソみたいな親父でも自分にとって唯一の親父が死んだこと…ってことか…

No.28 2019/03/31 02:07

そういえば島は右で打ってたな。さては作者ミスったか。

No.27 2019/03/31 02:04

佐川が1番だったかw
1番オサムにして2,3番が返してあげて
佐川は5番あたりで3,4番返す方があってる気がする