1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 25巻 第3話 これだけなんです コメント

0/ 250

No.25 2019/04/01 02:36

背番号3番なんだ…そうだよな

No.24 2019/04/01 02:03

前車で千川の練習眺めてたのは、親父の見舞いの帰りだったのかな

No.23 2019/04/01 02:00

21が文脈読み取れねぇ小学生かよと思ったら22がちゃんと言ってくれてたんで溜飲下がったわ

No.22 2019/04/01 01:48

栄京監督の全部悟ったなんともいえない表情
告別式にも出席しないで、最後の比呂との勝負したかったのかと思うと…

No.21 2019/04/01 01:21

告別式に息子は行かなくていいのか?

No.20 2019/04/01 01:16

エイプリルフールだな

No.19 2019/04/01 01:10

きっと広田も余計なものを背負わされずに純粋に野球を楽しみたかったんだろうね。それで比呂や英雄と真剣勝負をしたかったのかと。嫉妬と羨望

No.18 2019/04/01 01:08

あんだけヒールだった広田をかっこよくみせてくれるとは

No.17 2019/04/01 01:08

勘違いかもしれないけど、広田の監督に対する態度が以前とは違う気がする。なんだろう。昔から敬語は使ってたし、慕うようになったりもしてないけど、分かりやすいプレーの態度だけじゃなくてさ、
ごめんまとまらん。。

No.16 2019/04/01 00:58

広田も様々事情があるけど、その広田に壊されてきた人達も沢山いるから複雑だなー
広田は生涯悩み続けるべき

No.15 2019/04/01 00:54

真実はいつも一つ

No.14 2019/04/01 00:49

野球漫画なのにナイフネタがまた出てきた。
しかも前回と同じく、思わせぶりで実は違うっていうパターン。

No.13 2019/04/01 00:39

大竹は千川のホームラン王w??

No.12 2019/04/01 00:39

5番だと…!?

No.11 2019/04/01 00:36

広田…。

No.10 2019/04/01 00:32

いつでも殺せるってのは鈴木拓の名言だな

No.9 2019/04/01 00:23

「その気になればいつでも殺せる」で高校時代のシゴキを耐えたプロ野球選手が実際にいる
名前は出さないが

No.8 2019/04/01 00:19

熱すぎる

No.7 2019/04/01 00:17

大竹色々と有能すぎるよな
それにしても広田はなんだかんだ良い奴になったのか…
まぁ広田があんなんだったのは親父の教えとあのクソ監督のせいか。

No.6 2019/04/01 00:13

何気に大竹すき