1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 26巻 第10話 かまくら作るぞ コメント

0/ 250

No.34 2019/04/18 00:44

春華への思いが本物になった…というか、本物にしようって決心したのかな。

No.33 2019/04/18 00:43

はぁーーー〜
こんな青春送りたかったーーーーー!

No.32 2019/04/18 00:37

前半読んできゅんとしたのも束の間、
後半読んで切なくなる…!

No.31 2019/04/18 00:36

過去は変えられないが、思い出す回数を減らすことはできる

No.30 2019/04/18 00:34

どっかの外国かしらのセンスよ

No.29 2019/04/18 00:31

もうひかりじゃなくて、春華を1番にする事にしたってことかなぁ。
雪が降り積もっても、思い出すのはひかりじゃなくて春華になるように、春華を大事にするように。
三善編の時に、ひかりに未練があるって指摘されて、周りを傷つけたから反省してのことかな。

No.28 2019/04/18 00:30

電話してる比呂の後ろ姿がなんかカッコイイ

No.27 2019/04/18 00:25

ハハハハハは


No.26 2019/04/18 00:25

まくらもとに
んでろんと
こんこんきつねだよ

No.25 2019/04/18 00:24

中華人民共和国
出国
しんちゃん

No.24 2019/04/18 00:24

彼氏らしい事をしていない比呂が彼女と一緒にかまくらを作る。二人の思い出を残す事が大切。

No.23 2019/04/18 00:23

ネタバレとは?

No.22 2019/04/18 00:23

めし なし
めし むし
一家の大黒柱 どっかの外国かしら
この返し好きだわぁ

No.21 2019/04/18 00:22

ヒデちゃん、最初ヒロかと思ったびっくりした

No.20 2019/04/18 00:22

しあわせだわぁ

No.19 2019/04/18 00:21

幼馴染みじゃなくて前カノってならまあわかる

No.18 2019/04/18 00:20

ひかりとビデちゃん空気感がおしどり
結婚しそう

No.17 2019/04/18 00:19

密かに彼氏に前カノと同じ事させられるの辛くね?

No.16 2019/04/18 00:16

ひかりとの思い出の領域には、春華であっても踏み込ませなかった比呂が、自分から春華を招き入れた。
大いなる一歩だが、同時に未だにひかりを引き摺ってるからこその行動であるとも言える。
さてさてこの先どうなることやら

No.15 2019/04/18 00:11

か、かわいい〜〜