1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. 探偵ゼノと7つの殺人密室(話)
  4. 2巻 第8室 ミューズは死を歌う① コメント

0/ 250

No.11 2019/04/15 22:17

3.10>
もしかしたら、ブーツを用意したのと設置した人は別ってことかも....

No.10 2019/04/15 16:09

>3
ね。逆に学生も人形もシングルならまだいいのに。
探偵のキャラ立てを優先したんかな

No.9 2019/04/15 00:13

殺人大学ってか

No.8 2019/04/14 19:27

エモ系ボーカルの服装にすればいいんだな

No.7 2019/04/14 10:40

ブラーヴォって表現にしたのは読者にすんなり読ませるためかなと思った。

No.6 2019/04/14 03:05

校長の名前も何も頭に入ってこん。
残った印象は顎だけだ

No.5 2019/04/13 20:08

学長しゃくれすぎぃ

No.4 2019/04/13 19:18

靴紐を一般的な方法で結び、大きめの楽器ケースを持っている弦楽器奏者は、この学校に無数にいると思うよね。
「ブラーヴォ」に関しては、男性である伴奏者と共に讃えていると考えれば、なくはないかもしれないけど、まあ、十中八九、作者の無知じゃないかなあ。

No.3 2019/04/13 12:57

オーヴァー・ラップってスニーカーじゃ定番の通し方だし推理の決定打としちゃ決定打に欠けるだろ

No.2 2019/04/13 00:18

ブラーヴァじゃなくて?あれ女性にいってるよね?なんか嫌がらせじみてるなあ。

No.1 2019/04/13 00:10

学長のアゴすげー