1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. 拳児(話)
  4. 拳児2 第4話 コメント

0/ 250

No.43 2019/05/31 16:45

こんなクソガキまだいるんだ。集団じゃないと何も出来ないくせに子供に手を上げるなんてクズ過ぎる。

No.42 2019/05/22 11:34

一撃先生がいいですね~。
求道者でもあり、良き先達でもあり、かといってゴリゴリのお堅い頑固爺さんでもなく茶目っ気もある、好感の持てるキャラです。拳児が今後弟子を育てていくとして、指導方法のアドバイスを貰いに行った時に「こんな蹴り方も考えてみたんじゃが~」とか言って毎度毎度手合わせを申し込まれる拳児・・・なんてシーンを妄想したw

No.41 2019/05/14 23:04

最低だ。。。。じいさんみたいに助けにくてくれ。。。

No.40 2019/05/03 01:08

根はさっぱりしたいい人なんだな!

No.39 2019/04/27 13:20

晶と拳児が結婚に至らなかった理由が知りたいなぁ。
拳児は女性に無頓着な感じするから、二人の関係を明らかにせず、晶を放ったらかしにして中国に行ったきりだったため、晶は待ちきれず、他の人と親しくなったのかなぁ?
それとも、拳児には他に意中の人がいるのか?

No.38 2019/04/20 18:01

この5話のあとは拳児が歩んできた道を凛ちゃんがなぞっていくような物語になるのかもしれないという妄想が、尽きない!コミック発売も決定したことだし、この続きもいつか読めるといいな!

No.37 2019/04/15 12:31

一撃先生の「教える事は教わる事」とても良い言葉だと思います。
竜崎さん完全に良い人になっていますね(笑)
おやじ狩りは酷いですね…リンちゃんの鉄山靠、決まった時はスキッとしましたが、
その後のリンチが酷い…
早く仇をとって下さい(泣)

No.36 2019/04/14 10:52

凛ちゃんを登場させて晶さんと拳児を結ばせる可能性を出す為に名前もなく亡くなった、と思うと晶さんの旦那さんが気の毒です。恐らく距離的に拳児と疎遠になったのだろう晶さんが惹かれたのですからタイプは違っていたとしてもやはり芯が強く心優しい人だったのでしょうね。凛ちゃんが強くなりたいのはお父さんの代わりにお母さんを守りたい気持ちもあるのかな。

No.35 2019/04/14 07:08

拳児2 5話明日15日配信早くよみたいですね我慢できない。

No.34 2019/04/14 03:01

旧キャラが助けに入る展開も期待してしまいますが、どんな展開でも続きを早く読みたいことには変わりないですな。

No.33 2019/04/13 21:06

いつも続きが気になる!それくらい楽しい!拳児は自分の青春時代の楽しみのひとつだったから成長が嬉しい!
続き楽しみにしてます。

No.32 2019/04/13 00:21

前作の掘田くん。国分さんがどうしているか気になるなりますねその後の話をお願い致します。

No.31 2019/04/12 22:57

しばらく藤原先生の作品を見ていなかったのでネットで発見したときは歓喜の声を上げてしまいました。過去の藤原先生作品の単行本のほとんどが実家にあるので週末に帰って持って帰ってこようと思います。とはいえ結構な量なので、先生の更新を待ちながら読み直そうと思っております。拳児2の作品の広がりを期待しております

No.30 2019/04/12 17:18

拳児2コミック発売と同時にデビュー作品私立終点高校のコミックもよろしくお願いします買いますから。

No.29 2019/04/10 01:02

次回は15日の表示
凛ちゃんがあの状況でヤキモキしながら配信待たなくて良かった
だから5話の原稿を進めていたんですね

No.28 2019/04/09 20:24

難しい状況で次回に続き、さっそく次回が気になっています。がむしゃらな武道家といった一撃先生の雰囲気がいいですね、拳児とのやりとりが好きです!

No.27 2019/04/09 13:37

私も何十回読んだかわからないような前作ファンですが、今回の続編も前作のように何回も読み返してます。
今のままでものすごく引き込まれてます!すごく楽しいので続いてくれることを切望してます!

No.26 2019/04/09 12:38

若干ストーリーの行き違いありますが!
気にせず進めてください〜〜( ̄^ ̄)ゞ

No.25 2019/04/09 08:26

矛盾がいっぱいある。前作に忠実にしてほしいなぁ。
面白いけど、前作ファンからしたらこれはちょっと違う。

No.24 2019/04/09 00:10

待ちに待った続編。楽しかったです。
5話が、待ち遠しく思えました。