1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 28巻 第6話 じゃ遠慮なく コメント

0/ 250

No.89 2019/05/24 19:34

この間よ!

No.88 2019/05/23 13:52

あだち充の作品始めてみたけどこんなに面白いんだな

No.87 2019/05/06 02:44

監督をギャグに描いてるのはヒロと野田のコンビが群を抜いて優秀であることを描くためだから。これで監督が超優秀で監督のおかげで勝ててるって話になったらヒロvs英雄を描けないでしょ。ヒロ(&野田)vs英雄(+明和の有能監督)なんだよ。わかる?

No.86 2019/05/05 17:05

純粋に応援してやれんのかい。
いちいちウジウジしてめんどくさいなとしか思えなくなってきた。

No.85 2019/05/04 23:06

ひかりが切なすぎてもう…泣きそう

No.84 2019/05/04 22:59

P99の佐川よくあのコース捕れたな

No.83 2019/05/04 22:39

笑顔の井上が可愛い。

No.82 2019/05/04 22:39

だれに?って叔父さん…全部お見通しなんだな。。ひかりにもう無理するなって言ってやってくれ。

No.81 2019/05/04 22:16

80 草

No.80 2019/05/04 21:13

78春だよ

No.79 2019/05/04 21:06

あだち充先生の何が凄いって、こんなに簡素化されて描かれてる線なのに絵が立体に見えることだと思う

No.78 2019/05/04 18:39

夏の試合を感じさせる表現を織り込ます、先生は流石だなぁ、と思った。

No.77 2019/05/04 18:01

監督は英雄に「比呂について」教わってるんだと思ったな。野球の一般論はともかく比呂のプレーやその意図については英雄より語れる人はひかりか、あるいは野田くらいだろうし。

No.76 2019/05/04 16:45

明和一監督は英雄に野球を教わるほど無能なのか、英雄が語り始めたから乗ってあげたのか、英雄に試合展開を予測させるように導いて自主性思考能力を鍛えているのか。

No.75 2019/05/04 16:30

まあ投フォークのいない甲子園は楽だったぜ。

No.74 2019/05/04 16:22

あだち充の作品は高校野球を舞台にした恋愛漫画やな

No.73 2019/05/04 16:19

英雄は一人だけ監督と対等って感じ

No.72 2019/05/04 15:37

勝っても負けても泣きそうになる
…なんていいセリフなんだ

No.71 2019/05/04 13:43

あだち漫画一連の「頼りない監督」好きだけどねえ。この手の監督像にイライラしちゃうって読者としてかなり損してない?
昔は「熱血監督の下で一致団結するナイン」みたいなのも描いてたけどね。やまさき十三の原作で。

No.70 2019/05/04 13:23

たった4ページでも一試合分の熱戦感が伝わります。