1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 29巻 第3話 えらくなったもんだ コメント

0/ 250

No.113 2019/05/26 00:19

泣いた

No.112 2019/05/23 14:46

お母さん痩せてない?
デブのイメージあったんだけど

No.111 2019/05/17 23:15

えぇっ、急展開すぎる

No.110 2019/05/14 22:19

109
自分も同じように感じた…。
監督が言ったなら、しっくりきたのかな。
そこまで比呂は表に出さないとは思うけど。

No.109 2019/05/14 09:24

助かったよ、は無いだろ、野田

No.108 2019/05/13 09:33

104
比呂もひかりに対して同じ気持ちだったと思う。

No.107 2019/05/12 06:13

106
なるほど。参考になります。

No.106 2019/05/12 01:50

97 いや、別にあだち充が比呂・ひかりにしたかったとは思ってないです。おそらくエピソードが描きやすいのがひかりだったっていうのとポジション的に英雄との因縁も生まれるから物語を掘り下げるのに便利だったんだろうなと。しかしそこを埋めた結果、ひかりがメインヒロインみたいになってしまい、ハッピーエンドには向かえなくなった。もっと最初から春華に焦点当ててエピソード増やして描いてたらまるで違ったと思うけど、今度は英雄との対決が薄くなってしまう。これは構造上の問題で避けられないから最初の設定の問題だろうと

No.105 2019/05/12 00:23

ツラ…

No.104 2019/05/11 23:39

ひかり母は、どこかで自分の息子のような比呂と娘のひかりが将来結ばれるのを仄かに期待していた筈。
ひかりは、母の死で人がいつ死ぬか分からないこと、壊れやすい男女の関係、比呂と英雄の友情、比呂と自分の幼馴染の関係性、春華と比呂の関係、全てを天秤にかけた上で、比呂が英雄もひかりも春華も失わない、「ひかりと比呂が幼馴染であり続ける」ことを選んだんだなって思う。
比呂とひかりが結ばれることを望む ひかり母の退場=比呂とひかりが一生、幼馴染でいることを表現した…って思うのは、こじつけ過ぎかな。

No.103 2019/05/11 23:07

見るなって言われればそこまでなんですけど そろそろひかり 古賀論争(暴言)面白くないというかイライラしてきた

No.102 2019/05/11 21:00

72
71です。私もそんな気がしてる!

No.101 2019/05/11 20:04

うわあーん

No.100 2019/05/11 20:00

泣かす回想なんて数ページでいいといつもあだち充は教えてくれる

No.99 2019/05/11 19:24

なんの病気だったのか、とかが気になるけど、
誰も話題にしていないようだ…

No.98 2019/05/11 19:15

97の自分の結論に異論がある方、投稿してくれると嬉しいです。
色々と話し合いたいです。それがコメ欄のちゃんとした使い方だって思うから

No.97 2019/05/11 19:06

95さん ありがとうございます。92です。やっぱりそういう結論が妥当なんですかね。
あだち充は比呂×ひかりにしたかった。でも読者や編集とは認識が乖離していた。
軌道修正するために、ひかり母を死なせたものの、やっぱり修正することはできなかった。
その結果、ひかり母の死は無駄になってしまった。
ってことですかね

No.96 2019/05/11 19:06

なんか、ほんと、恋愛面に関しては後味悪い・・・。

No.95 2019/05/11 18:46

92 多分そもそもH2の話の構築自体に問題があった。メインヒロインに彼氏がいる、という設定は掘り下げると結ばれても結ばれなくても後味悪い結末しかない。
話の骨組みがハッピーエンドにならない方に傾いている時に出てくる材料は大抵ポジティブなものじゃない。
増改築を繰り返しても骨組みがまともじゃないから傾いて、余計で変な材料(エピソード)が出てきてしまう。
あだち充の技量が相当凄いからH2は着陸できたけど、ひかり母は骨組みの犠牲者とあくまで勝手に個人的には思う。

No.94 2019/05/11 18:07

91わざわざセリフを書いたのは単行本もしくは課金して書いているのか?嫌な奴。
なんかここはもうまともなコメント残す場ではなくなったね。前回よりコメ数が減ったのはまともな人がいなくなったからかな。
コメ欄なんか最初からなかったらよかったね。