1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 29巻 第6話 ひかりさんの前で―― コメント

0/ 250

No.113 2019/05/14 14:47

ヒロの前では泣けるφ(..)メモメモ

No.112 2019/05/14 13:10

無言なのに、深すぎる!

No.111 2019/05/14 13:05

名シーンだ。けれどもそれを見ていた英雄の気持ち・・・
ダブルでせつない今回。

No.110 2019/05/14 12:31

比較的に女は相手が格好良かろうが
「親友」とか「身内」の様に相手の男をその距離感に置いておけるけど(勿論個人差あるが)
男だって勿論同じ様に接する事ができる。けど、女が男っぽいならまだしも女らしく美しかったりするとスイッチ入りやすい(ホルモンの影響で)
「身内のよう」「親友」とか若いほど男女でバランス保つの難しいだろうなあ…

No.109 2019/05/14 12:25

涙が…

No.108 2019/05/14 12:11

秀雄の立場からしたらとてつもない嫉妬だし、無力感を強く感じるし、自分の存在意義さえ見失う
スーパースターでも高校生
誰よりも認められたく、力になってあげたい人恋人に対し、実際に無力ってことはないんだが、そう思ってしまう

No.107 2019/05/14 11:51

あだちさん、もう勘弁してやってください…読んでるこっちが本当に泣いてしまう

No.106 2019/05/14 11:01

103 ひかりは弟の様に愛してるんだと思うが、問題は宙ぶらりんになってる比呂の気持ちの方だと思う。

No.105 2019/05/14 10:50

思い出し泣き

No.104 2019/05/14 10:22

>63
お父さん、迎えに来てあげて(エ・・・

64計算していたらイヤだな

No.103 2019/05/14 10:20

この二人の間に、「愛」はあっても「恋」ではない。
だからヒデちゃんは安心してよい。

No.102 2019/05/14 10:19

今回初めて泣けた

No.101 2019/05/14 10:11

この回はやっぱり感動するなぁ
ごはんよぉのシーンはグッとくる

No.100 2019/05/14 09:37

ひかり、本当は比呂に会いたかったんだよね。
比呂が来たことに驚く様子に先ずジーンとくる…!
ひかりの涙と笑顔、切なくて、きれい。

No.99 2019/05/14 09:35

あだち充 これはズルい… こんなん絶対に泣くやん…

No.98 2019/05/14 09:18

号泣

No.97 2019/05/14 08:49

共通の思い出。
お母さんは二人にとってお母さんであり、ひかりにとって比呂はやっぱり弟なんじゃないかな。
(あくまで潜在的な感覚で。)
人前ででは決して涙を見せなくとも、家族の前じゃ泣いちゃいますもんね。

No.96 2019/05/14 08:45

欲しい言葉はくれたけど心はくれない彼氏と
側にいてはくれるけど感情がかみ合わない彼氏
んーどちらも難しいね

No.95 2019/05/14 08:44

何度読んでも泣ける…名シーン

No.94 2019/05/14 08:36

最初は母に手を振ってると思ってたけど、読み返すと送球がそれてスマンにも見えるな
その後もキャッチボール続けるってことは後者かな