1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 29巻 第6話 ひかりさんの前で―― コメント

0/ 250

No.92 2019/05/14 08:04

春華はこのちょっと前くらいから明らかに一線を引き始めましたね。出しゃばらなくなった。比呂とひかりの関係を理解したのか、諦めたのか、割り切ったのか。
初期の春華ならもっとずかずか割り込んでいた気がする。

No.91 2019/05/14 07:55

そら三角関係加速するわなぁ
完全に四角から三角に変わった回

No.90 2019/05/14 07:51

馴染みの空き地が無くなる気持ち、分かるなぁー
亡き母に幼少期よく散歩で連れられて行った車両基地は、今では世界一のタワーが建っちまって切ない気持ちに…

No.89 2019/05/14 07:30

今の中学生、高校生にも読んでもらいたい。最高の漫画です。

No.88 2019/05/14 07:17

75
これに尽きる

No.87 2019/05/14 07:14

76
比呂はみっともないから泣かないって言ってたけど、泣くのは自分が悲しいからで、ひかりが求めてるのは自分のことを理解してくれてるっていう感情だと分かってる感じだよね。
お互い、言葉はなくてもどれだけ悲しんでるのかも分かってる
英雄の前の金網は二人の超えられない精神的な壁を表現するメタファーか。
すげぇ深い

No.86 2019/05/14 07:05

自分がひかりを泣かせてあげたかったろうな、ヒデちゃん…でもこればかりはヒロにしか出来ないのもわかってる。切ない。

No.85 2019/05/14 06:58

17ページ、
まっすぐ投げられなかったのは涙でにじんだからっていう表現なんだね。
少し比呂も潤んでるけど我慢してる。

No.84 2019/05/14 06:44

幼なじみで同じ時間を過ごした2人にしか、分からないよね…ようやく泣けた、ひかりと泣くのを堪える比呂…
これは、ヒデちゃんは割り込めない…(あのカップルも好きだけど…幼なじみの2人も好きなんだ…)

No.83 2019/05/14 06:33

朝から泣けた(T ^ T)

No.82 2019/05/14 06:28

ごはんよぉ…泣ける

No.81 2019/05/14 06:16

結局キャッチボールで比呂は泣いたんかな?
その答えを直接教えてくれる描写はない。
あだち充演出の真骨頂!

No.80 2019/05/14 05:56

10
それでも俺の中での1番の名シーンは、甲子園決めて愛好会時代の練習場所で比呂と春華が手を握るシーンなんだよなぁ

No.79 2019/05/14 05:53

やっぱりひかりの1番の理解者は比呂だし、その逆も然り。

No.78 2019/05/14 05:46

えっもい

No.77 2019/05/14 05:29

悲しすぎてたまったもんじゃない

No.76 2019/05/14 05:08

ひろも泣きたいだろうけどひかりが今まで我慢してた涙を出してる前で泣くのは、って感じで我慢してる感がなんともいえなくなってくる

No.75 2019/05/14 04:50

やっぱり、ほんとうの自分を出せるのは比呂の前だけなんだな

No.74 2019/05/14 03:45

やっぱ、比呂が1番わかってるね。

No.73 2019/05/14 03:27

前の話からの、この無言のキャッチボール涙が止まらない