1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 31巻 第6話 覚えてないな コメント

0/ 250

No.91 2019/06/05 07:28

まずは彼女に事情を聞くべきじゃない?

No.90 2019/06/04 07:11

ほんとH2の恋愛はドロッとしんてなー。

No.89 2019/06/03 23:47

この参謀と英雄の性格足して二つに割ると丁度いい感じの人格になる気がする

No.88 2019/06/03 23:17

えつよんが不足

No.87 2019/06/03 23:12

誤字を工事で修正するミツル・A・ダーチ

No.86 2019/06/03 21:57

はるか的には、比呂の中でひかりの存在がどんどん大きくなって行くのが手に取るように分かるし
自分には素っ気ない態度になってきて、やっぱり多少邪魔しようとひかりは越えられないってフテてるとこになんか知らんが比呂が寄ってくると。
イヤミの1つやふたつグッサリいっとこかって感じか

No.85 2019/06/03 21:31

さぁ覚えてないってそりゃ翌日の朝含めて記憶から全部抹消したいでしょうね
消しがたい事実だけどな

No.84 2019/06/03 21:27

78
自分も達也は凄い成長したと思って読んでいたんだが、実際に作者がそう発言してるので何とも…

No.83 2019/06/03 21:15

さあ 覚えてないな って、わたしは結構スキ

No.82 2019/06/03 20:56

4点取られるなら5点取ればええやろ
橘3打席3点であとは他でどうにかなる

No.81 2019/06/03 20:25

春華好きだけど、ここ何話かの春華の態度はどうなんだろう。比呂は歩み寄ってる感じするのにその度にひかりを出してきて、ウザいって思う人の気持ちも分かるわ

No.80 2019/06/03 20:20

21
次のページにある宇田島東が宿泊している看板は、ちゃんと「旅館」になってるんだよな。
わざとかな?

No.79 2019/06/03 20:17

出版されたものは読んだ人が好きに解釈して良いと思うに。

No.78 2019/06/03 20:15

73 達也の成長を描いて無いのだとしたら、何を描いとるの??

No.77 2019/06/03 19:40

石元は初めての彼女だろうから、話聞いてあげる程の余裕もなくテンパって暴走したんだろうね。可愛いもんじゃないか、青春、青春

No.76 2019/06/03 19:26

ところで看板の文字なんてアシスタントが描いてるだろうし、ネタにされて恥ずかしかったかもしれないw。

No.75 2019/06/03 17:19

石元よナンパとかなら握手してさよならとかないから、まずそこで気づけ

No.74 2019/06/03 17:06

館は担当が気づいたか当時の読者から指摘があって、ギャグに落とし込んだのでは

No.73 2019/06/03 17:00

56
ところがあだち充は「タッチは達也の成長物語じゃない(姿勢や性格は最初から最後まで変わらない)」って言ってるし
H2はヒーローとヒロインが結ばれないのは失敗した後悔してる、って言ってるんだよね
作者の思惑は難しい…

No.72 2019/06/03 16:54

えーーーーーーーーーーーー