1. 話を読む
  2. 週刊少年サンデー
  3. H2(話)
  4. 32巻 第3話 どっちがいいのやら コメント

0/ 250

No.84 2019/06/19 20:58

投フォークくんまた見せ場なしで負けてる…

No.83 2019/06/12 04:13

荒らしは死ね

No.82 2019/06/12 01:21

わかりやすい弱点があった豪南はともかく
千川や明和一クラスじゃないと渡り合えそうなチームに見えたんだけどな伊羽翔

No.81 2019/06/12 01:19

豪南はともかくエースも4番も強かった伊羽翔が千川や明和一より明らかに実力劣るはずの相手に負けるほど
2年夏からどんだけ伸びなかったんだんだろう

No.80 2019/06/11 03:16

木根が実は比呂をよく理解してる描写すき

No.79 2019/06/11 01:36

鬼は顔が悪いからってことじゃねーの
絵本の定番は強面だし

No.78 2019/06/11 00:21

77です。もしかして、島と大竹はあのことをもう知ってたということかな。だとしてもちょっとちぐはぐだけど。

No.77 2019/06/10 22:57

作者が「鬼に金棒」の意味を勘違いしていたのかなと思ったけど、どう勘違いしていたとしても意味が通らないかな、やっぱり。

No.76 2019/06/10 22:50

(コメ75 続き)いや、比べる相手が悪いだけで木根も充分強いとは思うんですけどもね。
でも…木根だもんなぁ(笑)

No.75 2019/06/10 22:47

「鬼に金棒」強い者が何かを得て、さらに強くなることのたとえ…だそうだけど、本編では
「金棒があれば、もしくは、あるおかげで鬼は強くなる」みたいな誤った使い方してる??
「俺の頭脳(金棒)があれば国見(鬼)はもっと強くなれるのに。」
「いやいや、国見先輩(金棒)がいるおかげで木根先輩(鬼)が強くなれる、ですよね?」
ってことが言いたかったのかな?
でも鬼は元々強い存在なので、後半のセリフは皆さんが言う通り冗談として成立してないですね;

No.74 2019/06/10 22:03

さ~が~わ~(涙)

No.73 2019/06/10 21:39

>>42
野田の中ではそっちの意味だろうけど、春華視点だと試合展開のこと言ってるようにも見えるよね

No.72 2019/06/10 21:25

意外と木根、カッコイイ

No.71 2019/06/10 21:02

ひかり、切ないなぁ…

No.70 2019/06/10 20:16

良かった、渡しも鬼のくだりがよく分からなかった。

No.69 2019/06/10 20:07

最近の木根好きすぎて

No.68 2019/06/10 19:13

うん、そこはさっぱり分からん
コメント欄にも解説出来てる人いなそうだし、何なんだろこれ

No.67 2019/06/10 17:37

「もちろん木根さんが鬼ですよね。」
う~ん 意味わからんね?

No.66 2019/06/10 14:42

63
ムードメイカーでもある木根さんが三枚目を演じてるから仕方ないわ

No.65 2019/06/10 14:41

便りがないのは元気な証拠、佐川元気