薄花少女
三浦靖冬
次回更新は未定です。 ぼっちゃまのため、ばあやは少女になりました。一人暮らしの古糸史(こいとふみ)の家に、ひとりの少女がやってきた。二十代も半ばの彼にむかって、ぼっちゃまと呼びかけるその少女。自らを史の実家で家政婦をしているハッカばあやだと名乗るが、ハッカばあやこと夏焼鳩子は、御年数えで八十歳。目の前の少女は、せいぜい小学二、三年生。どうみても、ばあやのはずはないのだが。若返ったおかげでぼっちゃまのお世話ができると、本人はいたって気楽な様子。少女で老女、老女で少女のハッカとぼっちゃま。どちらにせよ年の差な、ふたりの共同生活が始まります。 ◆作者コメント 母性と少女が同居するハッカばあやとの楽しい楽しい奇妙な甘噛み共同生活。こんなこといいなばあやとできたらいいなと楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。
全話読むにはアプリをダウンロード!!