LINEで送る
ツイート
Facebookシェアボタン
メインヴィジュアル

ツイート
Facebookシェアボタン
メインヴィジュアル

連載の続け方

編集部

『烈火の炎』をはじめ、長期連載作を多く描き上げた安西先生。『烈火の炎』の最終巻の書き込みは、本当に凄かった印象ですが、その時の仕事場ってどんな感じだったのでしょうか。

安西

うーん… 一種独特ですよね。アシスタント達も… 『烈火』の最初からやってくれてる人もいたんですが… まるで自分の作品のように、本当に魂を込めて作画してくれるし。読者からも「終わらないで!」ってお手紙が来るし… 僕自身『うしおととら』をお手伝いしている時は、アシスタント連中でふざけて「白面の者を倒したら、黒面の者や赤面の者を出しちゃえば続けられる(笑)!」なんて話もしたりしてたんですが、『烈火の炎』は引き延ばしせず、予定通り完結させました。

小春

あと質問したかったのが… 連載を始める前に、どこまで物語を決めているんですか?

安西

作品によりますね。『烈火の炎』は最後まで決めてました。

小春

そうなんだ…すごい!ちなみに、安西先生は連載中の楽しみというか息抜きってなさってました?

安西

『烈火』の時は…本当に全て漫画一筋でしたね…息抜きはたまにゲームで遊んだり、プロレスを観たり。『烈火』のあとは、意識的に漫画に向き合う時間のオンオフをつくるように心がけてますね。ほっとくとほんとに、寝てる時も「あ、こんなキャラ出したいな」とかもうずーっと考えちゃって。倒れちゃうんじゃないか!?とか…小春先生はどうですか?

小春

作画中は、ずーっと洋ドラを流してて、「昨日の続きがみたーい!」って起きて仕事してますね(笑)。で、時間が出来たら、友達と飲みに行ったりとか?かなぁ…友達と会うのが大切かなと思ってますので。それが息抜きかなぁ?

タイトルについて

編集部

お二人の作品は、タイトルもとても印象的です。

小春

『死神坊ちゃんと黒メイド』は… SNSで最初に公開していた時にファンの方が、自作の動画を作ってくれたんですよね。その最後に、『死神坊ちゃんと黒メイド』ってテキストが付いてて、あ、これいいなぁと思って、ちゃんとその方に許可をいただいてつけました(笑)。

安西

すごい、新時代(笑)。『死神坊ちゃん』はなんて略称で呼ばれてるんですか?

小春

略称が難しくって(笑)。わたしの周りでは「死神坊ちゃん」とか「黒メイド」とか…

編集部

編集部では「死神」ですね(笑)。

小春

安西先生はタイトルはご自身でつけてらっしゃるんですか?

安西

そうですね、全部。

編集部

ネット上では『烈火の炎』に関して当時のサンデーの編集長が別のタイトル案を提案して…というエピソードもありますが。

安西

そう(笑)!『烈火100℃』と『かっとび烈火』! 『烈火の炎』も、最初は『烈火の焔』だったんですよね。それをギリギリで『炎』に変えた。なんか、「時代劇みたいじゃん」って編集者には言われたんだけど「そういう要素も出てくるから」って言って(笑)。

編集部

最新作の『麗の世界で有栖川』は…

安西

これは… 元ネタが『不思議の国のアリス』だから、何かそんな感じを出したくて。コレもギリギリまで一文字単位でどうするか結構悩みましたね。何か、長いタイトルをつけてみたくて、ってのもあったな。考えてみると、黒メイドも「アリス」だし、これアリス対談ですね(笑)。

小春

あ、ほんとだ!(笑)。逆に、悩まずにスパッと決まったタイトルはありますか?自分の中でコレしかないみたいな。

安西

うーん、あ、短編集に収録されている読切『CRAZY MANIAX』は3秒で決まった。当時すごいプロレスファンで。「CRAZY-MAX」っていう大好きなヒールユニットがあって登場人物もそのメンバーの名前をもじって全部つけました(笑)。

ネーム直しについて

安西

小春先生はネームって結構直します?

小春

ネーム… 直しますね。意味不明なネームを描いちゃうことが多くって(笑)。

安西

見てみたいわ(笑) あの釜の話も良い意味でどうかしてて好きだけど。

小春

あ、ありがとうございます(笑)。あ~、でも直しでいうと…わたしネーム考えて直すよりも、2本描いて出しちゃうんですよね。どっちか通ってくれ~みたいな。

安西

え、週刊で!?

小春

はい(笑)。ネーム描くの、別に早くはないんですけど…

安西

それは凄いね。今は10ページの連載でしたっけ? オレも他誌で毎回6ページの漫画を描いてたんだけど、短いページって難しいんだよね。コマがどんどん細かくなる。小春先生の作品は、10ページでも、メリハリが上手くて1ページどーんと絵を見せたりするじゃないですか。そうすると、読んだ感…満足感があるんだな、とあらためて思いましたね。

小春

スマホで読む人が多いから絵は大きく…ってのは意識してますね。

(第2回ここまで)

ハロウィン特集ページはこちら