ロゴ

LINEで送る
ツイート
Facebookシェアボタン

レクリエイターズ ネイキッド

かつて「月刊サンデーGX」誌上にて『ブラック・ラグーン』の連載と共に不定期掲載されたコラム『ヘタレの地平線』が期間限定で復活!
ヘタレ番長こと広江礼威氏と、広江氏の数多の愚痴を受け止める担当編集、そして今回から新メンバーが参戦して、3人によるgdgdな雑談の中で、『レクリエイターズ ネイキッド』やアニメの魅力や裏話を言ったり言わなかったりします。

CAUTION!

この対談の一部は、TVアニメ『レクリエイターズ』のネタバレを含む可能性があります。最新話を未見の方はご注意ください。

  • 広江礼威

    漫画家、時々イラストレーター。『ブラック・ラグーン』は「月刊サンデーGX」にて好評連載中。オリジナルアニメ『レクリエイターズ』では、原作テキストとキャラクター原案を初めて担当している。

  • GX担当編集者

    『ブラック・ラグーン』の担当編集者。『ABLE』、『ワイルダネス』、『ヨルムンガンド』など、弾数多めな漫画を主に担当。ヘタレ番長こと広江礼威氏とは、十数年のお付き合い。

  • TAC☆

    「月刊サンデーGX」でコラム『ホビー横丁+1』を連載する、玩具・フィギュアならなんでもこいの雑食系ホビーライター。コラムのアイキャッチ的イラストは、ひろえ☆れい氏が担当している。

第14回

T☆ 無限のアップデートというアルタイルの驚異的な能力に、国家プロジェクトで対抗するというとんでもない展開に入りました。

広江 そこは、予測できない話だと驚いてもらえたら嬉しいですね。

GX プロジェクトを動かす菊地原さんが、ここにきて「できる女」らしさ全開になってて素敵です。

広江 「みなさんに死ねと申し上げております」「げえ!」っていうやりとりがひどくて大好きです(笑)。国の力でゴリ押しする、メガクールジャパン発動という。

T☆ その発動を受けての創作現場のシーンで、第14話はすっかり創造主のお話になりましたね。

広江 『レクリエイターズ』は、被造物の話であり、読者の話であり、そして創造主の話でもあるわけですから。お互いを引き立てるためにも、それぞれに見せ場は用意してます。

GX 劇中では決戦に向けた「承認力」のためですけど、少しでも多くの読者に受け入れられる物語をっていうのは、現実のクリエイターの仕事でも同じことですからね。

広江 彼らがここで作り込んでいる内容に関してはラストバトルに向けての伏線でもあるので具体的なところは隠しとかなきゃいけないんですけど、そのうえで制作現場のぶつかり合いを見せるのに苦心したところなんです。

T☆ 劇中のぶつかり合いでは、中乃鐘さんが間を取り持ってくれてますね。さすが創造主の中でいちばんの常識人。

広江 協調性の高さが中乃鐘さんのいいところです。他の創造主たちはスタンドアローンでやってる作家さんだけど、彼はアニメスタッフとして集団の中で仕事をしている人っていうことで、自然とそういうポジションにはまってくれました。

GX 中乃鐘さんはスタッフ、キャストの間でも地味に人気ありますよね、デブなのに。

広江 デブは余計だろ!

T☆ お約束ありがとうございました(笑)。それにしても創造主の顔ぶれもみごとにバランスがとれているんですよね。創造主の人物像っていうのはそれぞれ、モデルがいたりするんですかね?

広江 具体的なモデルは想定してないですよ。あえて言うと、これまでに業界で会ったり見たりしたいろんな人の要素が、ちょっとずつバラバラに入ってる感じかな。

T☆ いつも朗らかなまりねさんの見せる意外な表情がまたいいんです。

広江 そりゃ、まりねさんだってクリエイターとして、いろいろ考えていることはあるわけなんです。これまでのまりねさんのセリフの端々にも、彼女の気持ちは込めてあるんですよ。対する駿河さんは個人主義タイプで、女だてらにハードな話を書いていたりするあたり、わりとイカレた思考をもってたりします。

T☆ そんな駿河さんも達観しているようにみえて、まりねさんのスケッチブックは気になってますしね。

GX そんなクリエイター同士の静かなライバル心を描いた描写も良いですけど、まりねさんはおっぱいデカいですよねー。

広江 なんだよ、急に!!

GX いや、まりねさんといえばおっぱいの話はしなきゃとずっと思ってたんだけど、時は来た!と思って。

T☆ おっぱいって言いたかっただけじゃないんですかー。

GX センセーだってデザインしてるとき言ってたじゃないですか。

広江 まりねさんはね、おっぱいが大きいだけじゃなくて、微妙にゆるい感じが大事なんですよ。

GX そうそうそれそれ。

T☆ たしかに、あのタレ感のあるちょっとだらしない体つきがエロいんですけどねー。

広江 誰得なの? このオヤジの下ネタ談義......。

<つづく>

作品TOP
pagetop