ロゴ

LINEで送る
ツイート
Facebookシェアボタン

レクリエイターズ ネイキッド

かつて「月刊サンデーGX」誌上にて『ブラック・ラグーン』の連載と共に不定期掲載されたコラム『ヘタレの地平線』が期間限定で復活!
ヘタレ番長こと広江礼威氏と、広江氏の数多の愚痴を受け止める担当編集、そして今回から新メンバーが参戦して、3人によるgdgdな雑談の中で、『レクリエイターズ ネイキッド』やアニメの魅力や裏話を言ったり言わなかったりします。

CAUTION!

この対談の一部は、TVアニメ『レクリエイターズ』のネタバレを含む可能性があります。最新話を未見の方はご注意ください。

  • 広江礼威

    漫画家、時々イラストレーター。『ブラック・ラグーン』は「月刊サンデーGX」にて好評連載中。オリジナルアニメ『レクリエイターズ』では、原作テキストとキャラクター原案を初めて担当している。

  • GX担当編集者

    『ブラック・ラグーン』の担当編集者。『ABLE』、『ワイルダネス』、『ヨルムンガンド』など、弾数多めな漫画を主に担当。ヘタレ番長こと広江礼威氏とは、十数年のお付き合い。

  • TAC☆

    「月刊サンデーGX」でコラム『ホビー横丁+1』を連載する、玩具・フィギュアならなんでもこいの雑食系ホビーライター。コラムのアイキャッチ的イラストは、ひろえ☆れい氏が担当している。

第8回

T☆ さあ! ここまで引っ張ってきた「軍服の姫君」の正体について、いよいよ本格的に明らかになってきましたね。

GX 「軍服の姫君」ことアルタイルは、VOCALOID派生キャラみたいに、元作品に対するネット上の二次創作として生み出されながら、独立した別の世界観をもつことにより認知されたキャラクターっていうことですね。

text-image01.jpg

広江 以前から、あるキャラクターがその作り手のあずかり知らないところでキャラクター性が付け加えられてファンの間で発展していくっていうのをみていて、作家の立場としてはとても異質な現象だっていう意識があったんですよね。もっと言うと、そうやってキャラクターや作品ができていくなら、もう作家っていう職業はいらないんじゃないの?っていう脅威に感じる部分もありまして。ならいっそ、それを敵として物語に盛り込んでみたら面白いんじゃないか?というのは『レクリエイターズ』のスタート地点のひとつでした。

T☆ デザインに関しては、ポイントになった部分なんかはあるんでしょうか。

広江 劇中の被造物の中でも尖ったキャラにしようと、中二病的な要素をいっぱいに盛り込んで作ったデザインですね。硬質なカッコよさを目指してみたんだけど、そこは普通に軍服のカッコよさだけになっちゃったかもしれない(笑)。

text-image02.jpg

GX どうせキャラ原案を描くだけだからって、広江センセーとキャラ原案協力の山中(虎鉄)さんの2人で線を盛り盛りでデザインしたんですよねー!

広江 ごめんよー。本当にごめんなさい(土下座)。

GX で、アニメの情報解禁第1弾用にアルタイルのイラストを描くことになった時に、超特大のブーメランとなって突き刺さったという。山中さんも「スカートに鱗をなぜ描いたのかと昔の自分に小一時間説教したい気持ちです」って言いながら色を塗ってましたね...。

広江 もう誰だよ、あんな線を増やしたの!

T☆&GX あんただよー!!

text-image03.jpg

広江 アニメのスタッフの皆さん、本当にごめんなさい。あとコミカライズを担当してくれている加瀬大輝さんにも、原案絵じゃなくてアニメ設定で描いていいんですよーって伝えたんですが...。

GX 加瀬さんからは「原案の絵でやらせて頂きます!」と...。

T☆ ああ、受けて立っちゃったんですね...。

広江 加瀬さん、もう本当に頑張らなくていいんやでー。先は長いから。あれを描いてたら倒れちゃいますよ。なのでコミカライズは是非みんな読んでくださいね! 僕からもお願いします! 単行本出たら絶対買って上げてください!

GX なんか地味に追い詰めらているセンセーですが、颯太くんもアルタイルの正体が明らかになっていく中で、精神的に追い詰められていますね......。ヘタレの第3回で『レクリエイターズ』の物語は颯太くんに優しいって話をしましたけど、まったくの気のせいでしたね!

text-image04.jpg

広江 そうねー!(笑)

GX 物語じゃなくて、原作者が主人公に優しくない(笑)

広江 もう、そうねー!(笑)

GX 第8話で颯太くんの相談を受けたメテオラさんにしても、キャラはみんなちゃんと颯太くんに対して優しいんですよ?

広江 相変わらず、メテオラさんは理系なのに人の心を慮ることもできる、真面目でいい人でしょー。

T☆ 悩む颯太くんに、とても親身になって前向きにアドバイスしてくれてますよね......。ただ、その優しさが颯太くんに対して全部裏目に出てるじゃないですか~! 辛いよ! 優しくない!

text-image05.jpg

広江 それはまあ僕の作品ですから、多かれ少なかれそうなりますよね(笑)。だいいち、世界は誰に対しても優しくないじゃないですか! ぶっちゃけ颯太くんに厳しい展開はまだ続きますが、そこは視聴者のみなさんには指の間から覗く感じの怖いもの見たさでついてきて欲しいですね!

GX この話ではあとは、劇中世界のエピソードが初めて登場ですね。アリステリアさんの原作『緋色のアリステリア』は、ずいぶん酷い状況になってる!

広江 ハードなファンタジーで、異種族の侵略を受けている世界です。

T☆ それが作者の筆先一つで描かれてたものだから、アリステリアもやさぐれてしまって......。

text-image06.jpg

広江 なにしろ殺伐とした作品世界の人だけど、アリステリアもちゃんと主人公として正義を重んじる人だし、そこが曲がったわけではないんですよ。ただ、現界して自分が被造物だったと知って、かえって自分の正義に固執して視界が狭くなってしまっているんですね。でも自分の作品世界にない価値観を持つまみかに対しては、素直に尊敬を示して親交を深めることができているわけです。

T☆ そんな頑ななアリステリアの心も解すまみかちゃんですが、ラストではアルタイルとの大激突!!

広江 ついに、まみかが黒ひ...むぐぐ(GX編集が口を押さえる)。

GX また来週ー!

text-image07.jpg

<つづく>

↓加瀬大輝さん作画のコミカライズ『レクリエイターズ』第1話 公開中!! banner_comic.jpg

作品TOP
pagetop