週刊少年サンデー、サンデーGX、ゲッサンが協力する小学館の無料漫画サイト!

レクリエイターズ ネイキッド

かつて「月刊サンデーGX」誌上にて『ブラック・ラグーン』の連載と共に不定期掲載されたコラム『ヘタレの地平線』が期間限定で復活!
ヘタレ番長こと広江礼威氏と、広江氏の数多の愚痴を受け止める担当編集、そして今回から新メンバーが参戦して、3人によるgdgdな雑談の中で、『レクリエイターズ ネイキッド』やアニメの魅力や裏話を言ったり言わなかったりします。

CAUTION!

この対談の一部は、TVアニメ『レクリエイターズ』のネタバレを含む可能性があります。最新話を未見の方はご注意ください。

  • 広江礼威

    漫画家、時々イラストレーター。『ブラック・ラグーン』は5月19日発売のGX6月号より連載再開予定。オリジナルアニメ『レクリエイターズ』では、原作テキストとキャラクター原案を初めて担当している。

  • GX担当編集者

    『ブラック・ラグーン』の担当編集者。『ABLE』、『ワイルダネス』、『ヨルムンガンド』など、弾数多めな漫画を主に担当。ヘタレ番長こと広江礼威氏とは、十数年のお付き合い。

  • TAC☆

    「月刊サンデーGX」でコラム『ホビー横丁+1』を連載する、玩具・フィギュアならなんでもこいの雑食系ホビーライター。コラムのアイキャッチ的イラストは、ひろえ☆れい氏が担当している。

第2回

T☆ それではジャンジャン広江さんに話してもらいましょう。早速、第2話の内容について。まずAパートのメテオラさんの長台詞はどうなんですかね?

広江 うっ。あれはああいう長台詞を書いた僕が悪いんです(笑)。アニメではあおき監督と演出の方がいい画面作りをしてくれたので、飽きずに見てもらえると思います。

T☆ ハーレム物のアニメだったら、説明セリフの背景はお風呂シーンが定番ですよ(笑)。

広江 それはまたのお楽しみということで。フフフ(含み笑い)。

T☆ ?? で、『フォーゲルシュバリエ』の原作者である松原さんを皮切りに一気にキャラが増えますよね。

広江 あのあたりの流れは原作と全然違います。アニメみたいにみんな一度に出てくるんじゃなくて、原作だとまずセレジアと松原さんはファミレスで会って、サンシャインのシーンは別になってます。アニメはなるべく早くキャラを出そうってことで監督が展開を早めたんだけど、テンポがよくなって正解でしたね。

GX セレジアとまみかのサンシャインでの空中戦は凄くよかった! まみかの攻撃がファンシーなわりに破壊力があって、ポワーンっていう音のあとに大爆発が起きるっていう。周りの被害もシャレにならない。

広江 あのギャップは描きたかったところだし、まみかの破壊力が登場キャラの中でも上の方にいるっていうのはポイントなので、監督が意図を汲んで描写してくれて良かったです。タイトルの『マジカルスレイヤー・まみか』っていうの、「スレイヤーは変えませんか」って本読みで話を振ったら、もう馴染んじゃったからいいんじゃないですかって、その場にいたみんなに言われてそのままになっちゃった。

T☆ まみかは作品の世界では何をスレイヤーしてるの?

広江 あれは「アクマリン」っていう、人々の笑顔を奪う敵です。ニチアサ系だね。あっ! まみかの変身シーンに関しては、いまだに許せない話があってね! まみかの変身セリフは原作テキストでは「まみかが変身する」しか書いてなかったんだけど、絵コンテの段階ではその回の絵コンテ担当の方が「マジカル・ドルチェ」と入れててくれたんですよ。でも何かの会議の場でこれにもう少しワードを足すことになって、でもその場にはたくさん人がいたんだけど、誰もアイデアを出してくれなくて。それで僕が無い知恵を振り絞って、「パティシエールなんかどうですかね...」って言ったら、アニプレックスの黒﨑プロデューサーに「プーッ、クスクス!」って笑われたんですよ!

GX ああ、確かに笑ってたね。

広江 ずっと根に持ってます!!

T☆ そりゃ、真面目な会議の最中におっさんの口から「パティシエール」って出てきたら面白いよね。仕方ない。

広江 仕方なくないよ!

T☆ 第2話ではさらにもう一人、被造物キャラが出てきます。弥勒寺優夜ですね。

広江 弥勒寺さんは中二病感あふれるヤンキーマンガですね。後から考えたら、格闘ゲームのキャラでもよかったかもしれない。

T☆ 『閉鎖区 アンダーグラウンド・ダークナイト』は、無法地帯と化した足立区が舞台なんですよね。

広江 『エスケープ・フロム・L.A.(*1)』のロスアンゼルスみたいになっているんじゃないでしょうか。

GX すごい舞台設定だね。

T☆ まみかや弥勒寺が登場する第2話のBパートは、『レクリエイターズ』の設定の面白さみたいのを一気に見せつける感じですよね。そもそも話ですが、どこからこの物語の着想を得たのでしょうか? アニメや漫画などのキャラが現実世界にやってくるという。

広江 この企画を振ってもらった当初、そもそも何をやるか?ってことについてもいろいろアイデアを出しました。

GX 今だから言えますが、『翡翠峡奇譚(*2)』の続きはどうですか?とか、別企画のアイデアのラフを見せたりして。アニプレさんから振ってもらったアイデアの中にはラグーン系のガンアクションっていう話もあったんだけど、広江センセーはへそまがりなのでこのように全く違ったお話になりましたね。

広江 ガンアクションやるなら『ブラック・ラグーン』を描いてろって話じゃないですか、そこは。 『レクリエイターズ』の最初のコンセプトとしてはまず、『ラスト・アクション・ヒーロー(*3)』をやってみたいというのがありまして。

T☆ そこかー!(笑)

GX 1993年公開の映画ですね。最初にそのアイデアを聞いたとき、なんでそれなんだよ?って思いましたけどね。

広江 『ラスト・アクション・ヒーロー』は、当時人気のシュワルツェネッガーがノリノリで作ったんだけど、『ジュラシックパーク』と公開が被ったおかげで興行的には散々だったというね。でも大好きなんだよ!

T☆ かなり意外でレアな裏話が出ましたよ、第2回で!

(*1) 『エスケープ・フロム・L.A.』...大地震で孤島と化した近未来のロスアンゼルスが舞台のアクション映画。81年製作の『ニューヨーク1997』の続編。(1996年公開/米)
(*2) 『翡翠峡奇譚』...(ひすいきょうきたん)広江氏のデビュー作だが、雑誌休刊に伴い未完となっている作品。新装版全2巻がサンデーGXコミックスから発売中。
(*3) 『ラスト・アクション・ヒーロー』...映画のヒーローに憧れた少年が、不思議なチケットを手に入れて映画の中へ入り込んでしまう。映画の世界と現実世界を行き来するSFファンタジーアクション。(1993年公開/米)

<つづく>

作品TOP
pagetop