1. 巻で買う
  2. 太郎(巻)
  3. 太郎 2

太郎 2

太郎 2

太郎 2

細野不二彦

太郎(巻)

発売日: 1993/05/10

第4ラウンドの壮絶な打ち合いで、ダウンを奪ったのは太郎であった。しかし早見も根性で立ち上がる。結局試合はこのまま引き分けになるが観客の拍手は太郎に送られる。週明け、顔を腫らして出勤してくる太郎を見て、会社の上司は太郎に会社を自ら辞めさせるため、きつい外回りの業務を命じる。また会社の重役である叔父からも次の試合でもし勝てなければボクシングをやめるよう説得される。自分のわがままを通す以上、仕事もボクシングも両立すると誓った太郎はただひたすら仕事と練習をこなしていく。そして運命のプロ第3戦、叔父と森崎が見守るなか、試合開始のゴングが鳴った。

最近見たシリーズ