1. 巻で買う
  2. 週刊少年サンデー
  3. 犬夜叉(巻)
  4. 犬夜叉 16

犬夜叉 16

犬夜叉 16

犬夜叉 16

高橋留美子

犬夜叉(巻)

発売日: 2000/06/17

▼第1話/人間の盾▼第2話/反転▼第3話/四魂の光▼第4話/放たれた矢▼第5話/桔梗の真意▼第6話/三匹目の妖怪▼第7話/悟心鬼▼第8話/妖怪の血▼第9話/本能▼第10話/鬼の剣●主な登場人物/犬夜叉(いぬやしゃ。かごめに封印をとかれ、甦った半妖の少年。四魂の玉を狙っている)、かごめ(戦国時代にタイムスリップしてきた現代の少女。実家は神社)、弥勒(みろく。法力を持つ謎の法師)、珊瑚(さんご。犬夜叉とともに旅をしている。弥勒に好意を持っている?)、奈落(犬夜叉たちの最大の敵である妖怪)●あらすじ/奈落の放った刺客・神無に魂を吸い取る鏡を向けられ、絶体絶命のピンチに立たされたかごめ。だが、七宝と弥勒が駆け付けたことにより、何とかその場を切り抜ける。神無は逃げるが、今度は神無に操られた小春が弥勒に襲いかかり…。一方、犬夜叉は風を支配する神楽と、神楽に操られている村人を相手に大苦戦を強いられていた(第1話)。●本巻の特徴/村人たちを避け、神楽に鉄砕牙の渾身の一撃をみまう犬夜叉。だが、神無の鏡に威力を全てはね返され、反対に深手を負ってしまう。意識を失い、大地に倒れた犬夜叉の前に、宿敵・奈落が現れる。奈落は、桔梗から譲り受けた四魂のかけらにより、新たな力を手に入れたとうそぶくが……!?●その他の登場人物/神楽(奈落から生まれた女妖怪)、神無(神楽の姉。魂を吸い取る鏡を持っている)、悟心鬼(奈落が送ってきた第三の刺客。相手の心が読める化け物)

最近見たシリーズ