1. 話を読む
  2. 服従都市(話)

服従都市(話)

服従都市(話)

服従都市(話)

中西寛

◆作品について
都内の高校に通う3年生・綾羽 京は、代わり映えしない日常の連続にうんざりし、未来に希望を抱かない無気力な日々をおくっていた。いつものグループ、京、ミント、恋香、真綿の男女4人で渋谷のボーリング場を訪れたある日、楽しそうにはしゃぐ3人を冷めた目線で見つめ、いつも通りの“くだらない1日”が過ぎていくと思っていた京だったが、トイレから戻った京を待ち受けていたのは、生きた人間を次々と貪る、無数の“衣服”だった…!! 捕食されていく人々を助けることもできず呆然見つめる京の目の前で、ミントの着ているTシャツにも異変が――…人類は衣服を“着ている”のではなく、食糧となる為“着せられていた”!!? 最も身近な存在が牙を剝く、日常崩壊パニックホラー!!!

◆作者コメント
『服従都市』…日常が一気に非日常に激変する…描いていて震えが止まりません。自分がこんな状況に立たされたら瞬殺だろうな…

5件中1〜5件表示
5件中1〜5件表示