春駒 ~吉原花魁残酷日記~
森光子 望月帝
大正13年、親の借金のため、何も知らぬまま吉原に売られた19歳の光子。花魁・春駒として遊廓で働くことになったが… 実在した花魁・春駒が書いた『光明に芽ぐむ日』『春駒日記』を基にした、大正花魁残酷物語。 ※本作品の原案『光明に芽ぐむ日』『春駒日記』を著した森光子氏の著作権継承者については現在調査中ですが、未だ判明しておりません。お心当たりのある方は、小学館サンデーGX編集部までご連絡頂ければ幸いです。
全話読むにはアプリをダウンロード!!