はなにあらし
古鉢るか
好事魔多し、月に叢雲、花に嵐──良いことには、とかく邪魔が入りやすいことの例え。同じ女子高に通う「千鳥」と「なのは」は、親友にして「恋人」関係。だけど、それは誰にも「内緒」。人目を忍び、こっそりイチャイチャしつつ、邪魔が入りつつのヤキモキな日々を過ごします──わたしと私の“内緒”の交際ダイアリー、「共犯」気分で陰からニヤニヤ見守ってください。 ◆作者コメント セーラー服ってやっぱりいいよね…って思ってもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします。 Twitter:古鉢るか @kovachi_luka
全話読むにはアプリをダウンロード!!
はなにあらし
はなにあらし
単行本を購入する