全画面表示を終了する

1. 第1話

2021年11月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSSフィード
断腸亭にちじょう

断腸亭にちじょう

ガンプ

もうすぐ令和に暦が変わろうとする二〇一九年一月。 人生初の単行本重版を迎えて上向きの日々を過ごすのは、 四十手前、ひねくれ漫画家・ガンプ。 しかし、人生急転。 医者に告げられしは…まさかの「大腸ガン」!? 悲しみに暮れる妻を横目に、 始めは現実感のなかったガンプだったが、 日々を重ねる中で、次第に沸き上がる自身の感情を 「にちじょう」として書き残すようになっていき――― これは、四十手前のひねくれ漫画家が記す… 徒然なる""ガン闘病""の軌跡である。 ※漫画内に登場する人物・団体・作品などの名称は作品意図のため一部改変しています。  また医療的観点についての考察は、実体験に基づいた作家個人の感想となります。

ローディング中…

この話への応援コメント

1. 第1話