ロゴ

LINEで送る
ツイート
Facebookシェアボタン

レクリエイターズ ネイキッド

かつて「月刊サンデーGX」誌上にて『ブラック・ラグーン』の連載と共に不定期掲載されたコラム『ヘタレの地平線』が期間限定で復活!
ヘタレ番長こと広江礼威氏と、広江氏の数多の愚痴を受け止める担当編集、そして今回から新メンバーが参戦して、3人によるgdgdな雑談の中で、『レクリエイターズ ネイキッド』やアニメの魅力や裏話を言ったり言わなかったりします。

CAUTION!

この対談の一部は、TVアニメ『レクリエイターズ』のネタバレを含む可能性があります。最新話を未見の方はご注意ください。

  • 広江礼威

    漫画家、時々イラストレーター。『ブラック・ラグーン』は「月刊サンデーGX」にて好評連載中。オリジナルアニメ『レクリエイターズ』では、原作テキストとキャラクター原案を初めて担当している。

  • GX担当編集者

    『ブラック・ラグーン』の担当編集者。『ABLE』、『ワイルダネス』、『ヨルムンガンド』など、弾数多めな漫画を主に担当。ヘタレ番長こと広江礼威氏とは、十数年のお付き合い。

  • TAC☆

    「月刊サンデーGX」でコラム『ホビー横丁+1』を連載する、玩具・フィギュアならなんでもこいの雑食系ホビーライター。コラムのアイキャッチ的イラストは、ひろえ☆れい氏が担当している。

第3回

T☆ さあ、アニメ新番組の最初のハードルと言われる第3話ですね。

GX ここでお客さんのハートをガシッと掴めるかどうか!?

広江 いきなり嫌なこと言うなよ!! しかも担当さんは当事者の一人でしょ!

GX 冒頭は前回からの続きで、まみかと弥勒寺の対決からさらにアリステリアの登場ですね。

広江 原作ではなんと、アニメの話数でいうと第5話あたりまでアリステリアは出てこないんだよね。サンシャインでまみかを助けに来てから次回の会話シーンの流れは、あおき監督の方で追加されたところですね。おかげでアリステリアとまみかの関係性がより濃くなったかと。

GX そういえば弥勒寺さんは、「被造物」の中では珍しく飛べないんですよね。

広江 そこはむしろ空を飛べるキャラが多すぎて、なんでオレこんなにどいつもこいつも飛べるようにしたんだろうって後から思ったんだよね(笑)。ただ、空を飛ぶっていうのはこっちの世界の人間じゃないってことを一番判りやすく表現できるんですよ。やっぱりほら、ヒーローは空を飛ばないと。

T☆ あとは怒涛のアクションが続いた第1、第2話に対して、落ち着いた会話シーンでの進行ですね。

広江 設定の解説回というところですかね。ファミレスの会話では、弥勒寺の翔くん好き好きオーラが出てる感じが気に入ってます。そのあとは、弥勒寺との会話からいろいろな状況が判ってきたメテオラさんによる、試してみようコーナーがはじまるという(笑)。

GX 「設定」の改変ができないか、試みるというやつですね。セレジアが呪文をヤケクソ気味にいう「きゅうらいすったらきゅうらいす!」ってのが可愛い。アニメでは、小松(未可子)さんの演技もあって、さらに可愛くなってたよー(ハート)

T☆ セレジアとその「創造主」である松原さんの言い合いも、セリフのテンポがいいですよね。

広江 セレジアと松原の関係は、登場する「被造物」と「創造主」の中でも特別というか理想的に納まったモデルケースですね。キャラが揃ってきたところで「被造物」と作者の関係を描こうと思ったときに、この二人がいちばんいい位置にいたってことで。

T☆ そもそも「被造物」がこっちの世界に来るとき、創造した作者のところに出るのが普通かなと思ったんだけど...。

広江 そこは法則性がない方が話は転がるかなと思って、あえてそうしました。もちろん颯太くんが巻き込まれたのは、それなりの理由があったっていうことになるわけだけど。

T☆ 第1話で軍服の姫君が颯太を見て言っていた「奇縁」というセリフがまた出てきましたが。

広江 そのセリフ自体、原作にはなかったんだよね。第3話でも再度強調されてるけど、アニメオリジナルのセリフです。何を暗示しているかは今後のお楽しみってことで。

T☆ その颯太くんのキャラはどうやって出来たんでしょう?

GX おっと、第3回にしてようやく主人公についての質問が!

広江 ズバリ見てのとおり、狂言回しっていうやつですね。『ブラック・ラグーン』のロックはあまり読者目線っていうのを意識して描くことがなかったんですけど、颯太くんはこれぐらいの年頃の人が観てくれるといいかなっていう......。視聴者層を想定して作ったキャラですね。前回も言ったとおり、『ブラック・ラグーン』とは全く違った作品を目指して『レクリエイターズ』を書いたので、アンチテーゼ的な部分もあります。

GX ロックに対するロアナプラの人たちと違って、『レクリエイターズ』の世界のキャラは颯太くんに優しいよね(笑)。

T☆ ベランダでの颯太くんとセレジアさんの会話シーンは、広江センセーのおねショタ趣味が出てる感もありましたね。

広江 いいじゃない、おねショタ! 尊いですよ? だいたい『レクリエイターズ』のキャラは、ロアナプラに放り込んだらとても生き延びられなさそうなイイ人ばかりだから。まあ、弥勒寺はすんなり馴染みそうだけどね。

GX そういう意味では、『レクリエイターズ』は、『ブラック・ラグーン』より優しい感じのお話になるのかな?

広江 さあーて、どうかな?

T☆ ところでおねショタ好きっていう広江センセーの密かな趣向が明らかになってますけど。大丈夫ですかね、こういうこと言って(笑)。

<つづく>

作品TOP
pagetop