週刊少年サンデー、サンデーGX、ゲッサンが協力する小学館の無料漫画サイト!

レクリエイターズ ネイキッド

4 april

4月14日

13/清水公園、深夜。

バトル。戦う。深夜で人気がないが、遊具を吹き飛ばし、車を盾にして戦う大立ち回り。車の防犯アラームが立て続けになり始める。爆発音。深夜だがちらほらと窓に人影。通行人、遠巻きにケータイで写真。動画撮影。誰かに電話。

マンションのベランダに次々と出て来る住人達。室内では通報の声。
住人A「……はい、清水公園のあたりなんですけど……今なんか凄い音が……はい……ちょっと様子を……」

自転車で息をつきながら、二人の戦いが見える場所まで来る颯太。

遠くからサイレンの合唱が始まり、近づいてくる。

セレジアの剣先が軍服の少女の鼻先に触れる。
セレジア「聞かせなさい! ここは何? 貴女は誰!」
軍服の少女「先程も言ったじゃないか。ここは神の世界だよ、セレジア殿」
セレジア「何を世迷い言を!」

笑みが消え、顔を引き締める軍服の少女。
軍服の少女「世迷い言。──余が冗談を言っていると? この世界はまごう事なき、神代(しんだい)の地だ」

剣を弾き、肉薄する軍服の少女。先ほどまでの剣戟を苦もなく避け、撫でる様にセレジアの頬へと手を回し、言い聞かせる様に。
軍服の少女「胡乱(うろん)な創造主のひしめき合う、おぞましい別天地さ」

剣を弾くセレジア。困惑に眼が泳いでいる。
軍服の少女「君にもすぐに解る、私の言う事の意義が。我らが世界に変革を、神々の地に制裁を」手を差し伸べる。

突然二人の間に割って、軌跡を牽(ひ)いて飛ぶ弾。その弾は眼下にある立体駐車場の車を破壊する。

毎日0時更新です