ロゴ

LINEで送る
ツイート
Facebookシェアボタン

レクリエイターズ ネイキッド

8 august

8月5日

8月5日

   

206/会議室、アニメ会社の監督やゲーム会社の開発者も列席する中。人数は最初の立ち上げ式と同じ様な人数、四十名近い。椅子だけの会議場で、バラバラと座っている。巨大なホワイトボードを後ろにして、メテオラと菊地原が話を始める。
菊地原「皆さん」
菊地原「ご存知の通り、私達の企画した物語は、現在進行している危機の解決を図る為、意図的に作成された物語です」

創作者を見渡し。
菊地原「私達は各々の作品から本企画の為、新たな物語を創出し、バラバラだったそれぞれの物語世界を連結させ、物語としての整合性を採りつつ、『鳥籠作成』という最終目標に向かう為、脚本を作成して来ました」
菊地原「私達の側に立ち、協力を約束して下さった『被造物』達が活躍していた、元の小説や漫画を本企画の為に改変し視聴者に提示する事から始め......『承認力』を補強する為に必要不可欠な要素を確定させる為、アニメーション作品を制作。これは特に、関係各位の献身的行為が無ければ成し得ない偉業でした。劇場クオリティの作品を短期間で配信という、あり得ない地獄の荒行でしたから」

アニメ分野の監督、作画監督、その他の人達が土気色の顔で呻く。
監督A「もう二度とやらない。もう二度とやらないぞ」
菊地原「直接作業は無かったものの、ゲーム業界をはじめとした他業界の皆様にも、脚本やプロット、ブレストに参加して頂き、最終目標となる鳥籠の『承認力』を補強する手助けをして頂きました」
菊地原「現段階に於いてはパブリッシャーも成果を上げ、認知度は上がっています。メテオラさんが作成したイヴァリュエーション・トレーサーでの計測値も、総じて好ましい数値を出しています」
菊地原「また、既に視聴者へ提示している新設定の試行を行った所、計測値の高いものに比例して、設定の発現係数が上昇するという結果が出ました。これでメテオラさんの挙げていた『承認力が物語世界の具現化を決定する』という仮説は、基本的に裏付けられたと判断して宜しいと思います」
菊地原「これを持って、いよいよ本企画──」
菊地原「『エリミネーション・チャンバー・フェス』は最終段階へと移行します」

毎日0時更新です